痩せると話題のキャビテーションがおウチでできる美ルルキャビ

痩せると話題のキャビテーションがおウチでできる

痩せると話題のキャビテーションがおウチでできる

 

そもそも キャビテーションって何でしょう? どうして脂肪が減るのでしょうか?

 

 

キャビテーションとは物理の分野で『空洞現象』と言われていて、液体の流れの中の圧力差により短時間に泡の発生と消滅が起こる現象です。

 

一方、美容業界におけるキャビテーションは、器具を使って超音波振動を与えて体内に気泡を発生・破裂させることで脂肪の細胞膜を壊し、
中性脂肪が排出させる仕組みです。

 

カチカチの固形だった脂肪細胞は、破壊されて液化しリンパへ流れやすい状態となります。

 

しかしキャビテーションを行っただけでは壊された脂肪はそのまま残ってしまいます。

 

そのためキャビテーション後はすぐにマッサージをしてリンパの流れを良くすることが大切です。

 

キャビテーション + 自己マッサージ が脂肪を減らすポイントです。

 

キャビテーションは今最も話題になっている痩身方法です。

 

エステサロンや医療機関で使用されていて、『切らない脂肪吸引』なんて呼ばれるそうです。

 

手術ではないので副作用の心配もなく、身体への負担が小さいですね。

 

 

 

家庭用キャビテーション美ルルキャビアップ & ボディジェルセット

 

 

家庭用キャビテーションに搭載されている他の機能についてお話します。

 

 

〜RF温熱(ラジオ波)〜
RF温熱(ラジオ波)とは、体の深いところまで届く高い周波数で細胞を刺激して発熱させる作用です。
「体が冷えていると脂肪が落ちにくい」 と言われているように、冷えた状態の脂肪は固く落ちにくいです。

 

そのためRF温熱(ラジオ波)で脂肪を温め、ほぐれやすい状態にしていきます。

 

 

〜EMS〜
EMSとは、電流を流して強制的に筋収縮させることで筋肉を鍛える運動法です。

 

筋肉が収縮することで軽い筋トレの効果が得られます。

 

筋肉量が増えると基礎代謝が上がり身体の消費カロリーも増え、脂肪燃焼に役立ちます。

 

 

 

 

〜赤色LED〜
赤色LEDは、コラーゲンを作りだす線維芽細胞を刺激し増殖させる効果があると言われています。

 

真皮のコラーゲンが増えれば、肌のくすみや毛穴の改善にも役立ち、美肌への効果が望めます。

 

 

 

 

それでは家庭用キャビテーションのメリットって何でしょう?

 

メリットはやはり手軽さ

 

医療機関やエステに通うことなく、自宅で好きな時間に使えます。

 

仕事が忙しかったり、小さいお子さんがいるママさんは自由な時間がなかなかとれませんよね。

 

その点、家庭用キャビテーションなら家事の合間やお子さんが寝ている間、テレビを見ながら・・・などちょっとした隙間時間で脂肪を減らすことができます。

 

 

そして、最大のメリットは低コスト

 

エステだとキャビテーションだけでも1回1部位で1万円ほどが相場でしょう。

 

おそらく温熱系やラジオ波、リンパマッサージを併せた施術を薦められるでしょうから、もっと料金がかかりますね。

 

人件費の事を考えてもプロのエステシャンが行うので当然です。

 

その点、家庭用キャビテーションだと最初の購入代と使用時の電気代で済みます。

 

自分のペースで出来ますから、毎日部位を変えてできるのも嬉しいところです。

 

 

 

 

 

キャビテーションの効果をよりアップする方法をご紹介します。

 

 

方法1) キャビテーション前は、身体を温める

 

身体が冷えた状態では脂肪は燃えにくいので、キャビテーション前は軽い運動や入浴などで身体を温めることをおススメします。

 

余裕があれば身体の端から中心にむかってリンパマッサージをして流れを良くしておくと、効率よく脂肪をへらすことが出来ます。

 

 

 

方法2) キャビテーション後の2時間は食事を控える

 

キャビテーション後は部分的に脂肪が減っていくため、脳がカロリーを積極的に吸収するように命令を出します。

 

いつもと同じように食べていても、摂取されるカロリーは多い状態になるのです。

 

そのためキャビテーション後の2時間は食事を控えるようにして下さい。

 

 

またキャビテーション前は、野菜や果物など消化の良いものは1時前まで、

 

ご飯やパンなどの炭水化物は2時間前までに摂っておくとカロリーの吸収率が高まる時間と重ならないでしょう。

 

また脂肪分は消化するまで10時間とも言われていますので、あまりコテコテした油ものは避けた方がキャビテーションの効果は高いです。

 

 

 

方法3) 水分を多く摂る

 

食事と比べて、水分の摂取は積極的にして下さい。

 

キャビテーションの前後に十分に水分補給をしないと、リンパに流れてきた老廃物の流れが滞りやすくなります。

 

脂肪を体外に追い出すためにも水分は摂るようにしましょう。

 

・・・カロリーのある飲料はダメですよ。

 

 

 

方法4 )マッサージをする セルライト予防にもなる

 

キャビテーションの前後に マッサージをしてリンパの流れを良くすると キャビテーションの効果が高まります。

 

特に、キャビテーション後は 壊した脂肪細胞をリンパ管に流し出すため 積極的にマッサージをしましょう。

 

ただ指圧のように押したりもむのではなく、例えば脚なら足首から股関節にむけてリンパ液を押し上げるようにリンパマッサージをやると良いです。

 

また、リンパマッサージは気がついた時に普段から少しずつでもしていればセルライト予防や冷えの防止につながります。

 

 

 

 

方法5) 軽い運動を取り入れる

 

キャビテーション直後から体内では脂肪が壊され、乳化が始まります。

 

この状態は3日ほど続き、乳化した脂肪がエネルギーとして消費されやすい状態となっています。

 

そのためこの期間に、ぜひ身体を動かすようにして下さい。

 

特別ハードな運動でなくて良いのです。 

 

軽いウオーキングで良いので、水分を摂取しながら少しでも脂肪を減らしましょう。

 

継続が大切です。

 

 

 

方法6) 発酵食品を食べるようにする

 

納豆、チーズ、ヨーグルト、味噌汁、漬物などの発酵食品には必須アミノ酸が多く、

 

脂肪の合成を抑える効果があります。

 

またビタミンB群がたくさん含まれるのでエネルギー代謝を助け、カロリーを消費しやすい身体を作ります。

 

ビタミンCやカロチンなどの抗酸化物質が摂れるので、アンチエンジング効果も期待出来ますね。

 

 

 

 

以上がキャビテーションの効果をアップする方法です。

 

 

 

 

【belulu キャビアップ】なかなか落ちないお肉にアプローチ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓