同級生にバカにされてた高校生でもできる仮想通貨で稼ぐ方法

同級生にバカにされてた高校生でもできる仮想通貨で稼ぐ方法

同級生にバカにされてた高校生でもできる仮想通貨で稼ぐ方法

 

 

あなたが仮想通貨に怪しさを感じている間に、
普通では信じられないほどの金額を
稼ぎ出している人が続出しています。

 

 

☆Iさん サラリーマン

 

2016年の12月に話題となっていた仮想通貨に投資しました。

 

それまではサラリーマンとして働く傍ら株式投資をしていました。

 

ですがEUの離脱など、世界情勢が悪く、業績のいい会社に投資していても勝てませんでした。

 

そこで新しく選んだ投資先が仮想通貨です。

 

でも、はじめは馬鹿にされました。

 

「仮想通貨に投資をしようと思う」と友人に言うと、
周りに「詐欺だ」「後悔するぞ」などと言われましたね。

 

結果としては、仮想通貨投資で株の含み損も吹き飛んでいます。

 

800円台で買ったイーサリアムは50倍以上になり、
30万円分の投資資金は1600万円以上になったんです。

 

すでに元本の30万円は抜いたので後はノーリスクです。

 

いままで株に投資していたのが本当に馬鹿らしいです。

 

株は全て撤退し、仮想通貨の資金に回しましたが、
あとから投入したものでも10倍ほどになっています。

 

投資するなら早ければ早いほうがいいと思います。

 

私は億の利益が出るまでは保有していようと思っています。

 

数年後が本当に楽しみです。

 

 

 

 

 

 

☆Kさん 主婦

 

仲間内で話題になったビットコイン。

 

みんなは「怪しい」「あんなものに投資するなんて」
という感じで話していたのですが、調べてみて投資したくなりました。

 

中でもリップルは金融システムを大きく変えるんじゃないかって思い、
当時価格も安かったので長年貯め込んだヘソクリの半分を投資してみたんです。

 

そしたら半年もせずに9桁の利益が出てしまい・・・
驚きと嬉しさと怖さと色々な感情でわけが分からなくなって、泣きそうになりながら夫に相談したら、
「マジで!?仕事辞めていい?」と言っていました(笑)

 

それまでは普通の家庭で、いきなり大金を手にした実感が全くありませんでしたが、
徐々に仮想通貨がニュースになり始めていて現実味が湧いてきました。

 

今では実家の近くに家を買って、家族で自由な生活を満喫しています。

 

もちろん、将来どうなるかわからないので、ある程度の資金は投資に回しています。

 

仮想通貨で人生が変わったって本当に思いますね。

 

 

 

 

 

☆Aさん 投資家

 

仮想通貨に関しては2017年に入ってから存在を知りました。

 

それまではFXと株の投資をメインにしていましたが、
仮想通貨は稼げる額の次元が違うと本当に驚いています。

 

リサーチしてみたところ、市場規模に比例して仮想通貨の価値が高まっています。

 

今後、間違いなく市場規模は拡大し、
今とは比べ物にならないほどの価値を持つだろうと確信しています。

 

仮想通貨投資は本当に稼げますね。

 

株とFXにまわしていた資金の約40%である3000万円程を
仮想通貨投資に移動しました。

 

仮想通貨市場では1日で100%以上の値上がりをすることも珍しくありませんので、
1日で数百万円の利益が出ることが普通にあります。

 

2017年2月からのパフォーマンスでは資産1000%を超えました。

 

まだまだ仮想通貨へのマネーの流入は止まらないと思います。

 

銀行にお金を預けっぱなしでは機会損失です。

 

資産の数パーセントでも仮想通貨にすることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

Iさんのような普通のサラリーマンが、
数年分の年収をたった5ヶ月で稼いでしまったり、

 

主婦Kさんのような投資初心者でも
夫婦で一生暮らしていけるほどの
資産を短期間で手に入れてしまったり、

 

普段、株やFXトレードをしている投資家の方々も
続々と仮想通貨投資に乗り変えたりと、

 

投資経験のあるなしに関わらず、
仮想通貨投資で成功している人が続出しているのです。

 

 

 

くわしくはこちらをごらんください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
同級生にバカにされてた高校生でもできる仮想通貨で稼ぐ方法

 

 

 

 

 

今から18年前、
多くのIT関連のベンチャー企業が設立されると共に、
株価が異常に上昇しました。

 

2000年にはIT革命という言葉が
流行語大賞を受賞するなど、
まさにITバブルと言われる時代がありました。

 

そんな中でも有名なのが「yahoo株」

 

ITバブルの影響によって、
yahooの株価はなんと400倍にも膨れ上がり、
多くの億万長者が生まれたと言われています。

 

400倍という数字に驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、
今、仮想通貨ではそれを遥かに超える
バブルの波が押し寄せているのです。

 

 

仮想通貨の中でも最も有名なビットコインは、
2009年に初めて発行されました。

 

当時の価格は1ビットコイン=0.07円

 

それから約8年の歳月が経ち、
今では1ビットコインがなんと、
230万円(12/8付)まで価格が高騰したのです!

 

 

 

 

ざっと計算して3285万倍・・・

 

yahoo株とは比較にならないほどの
高騰をしていることがお分かり頂けると思います。

 

 

2009年の発行開始の時に、
仮に1万円分でもビットコインを買っていたら・・・

 

今頃あなたの資産はなんと3285億円にもなっていたのです!

 

 

信じられますか?

 

これが今仮想通貨の世界で起こっているバブルの実態なのです!

 

 

 

あなたが仮想通貨は怪しいと思っている間でも、
世の中では仮想通貨に関わる新たなサービスが次々と始められています。

 

金融(Finance)とIT技術(Technology)を融合させた
フィンテック(Fintech)と呼ばれる技術革新は、
様々な金融サービスに革命をもたらし、
私たちの生活の中にも急速な広がりをみせています。

 

 

そもそも、なぜ仮想通貨は、
ここまで急速な広がりをみせているのでしょうか?

 

 

その根底にあるのがブロックチェーン技術です。

 

ブロックチェーンという言葉は、
あなたも1度は耳にしたことがあるかもしれませんが、

 

一言で説明すると「取引履歴」のことです。

 

 

取引履歴のデータを一つのブロックにまとめて、
そのブロックをチェーン(鎖)のように
つなげて保存しているため
ブロックチェーンと呼ばれています。

 

チェーン状に繋げることで、
データの変更、改ざんが実質不可能になっているのが大きな特徴です。

 

 

この技術は仮想通貨に限らず、
これまでのインターネットの課題を解決する
大きな役割を担う可能性が非常に高いと期待されています。

 

現在のインターネットは、
世界中どこでも繋がるメリットはありますが、
通信する相手側が誰なのか確かめられない点など、
信頼性の低い、脆弱なシステムという側面があります。

 

そのため、第三者機関のサーバー証明書を利用して、
身元の証明や通信の暗号化を行ってきました。

 

 

それに対してブロックチェーンは、
ブロックチェーン自体が正しいデータとなるため、
信頼性の非常に高いシステムとなっています。

 

また、第三者機関のサーバー証明書を不要とするため、
コストも大幅に削減できるのが特徴です。

 

このように優れた機能を持つ
ブロックチェーン技術を用いた仮想通貨は、
今後ますますその需要が高まっていくことは間違いなく、

 

そうした期待感からも仮想通貨の価値が
どんどん高まっていると考えれています。

 

 

 

くわしくはこちらをごらんください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
同級生にバカにされてた高校生でもできる仮想通貨で稼ぐ方法