森半の行列が出来る抹茶スイーツ

行列が出来る抹茶スイーツ

行列が出来る抹茶スイーツ

 

抹茶と言えば京都。

 

そこに行列が出来る抹茶スイーツがあるんです。

 

それが通販で手に入ります。

 

 

京都の抹茶スイーツ【森半】

 

 

 

「森半」がお茶どころ宇治で創業したのは、天保7年(1836年)のこと。

 

以来、日本茶の歴史とともに歩み、最高級の抹茶や玉露は品評会で数多くの賞を受賞しました。

 

歴史と伝統を重ね、一歩一歩着実に歩んできた宇治「森半」。

 

創業当時から、なによりも品質の高い味わいと香りを第一にしてきました。

 

現在は、茶園の管理から製造・加工に至るまで、一貫した作業を自社工場で行い、
常に安定した品質の商品、安心・安全な商品をお客様にご提供できます様に努力を続けてます。

 

創業以来続く、宇治抹茶の製造

 

茶道用の抹茶はもちろん、お菓子
などに使われる工業用抹茶まで、
当社の工場で、丹念に挽き上げて
います。

 

【 安心へのこだわり、確かな品質保証 】

 

食品で第一に重要な項目は、「安全」であることです。

 

食品衛生法では「残留農薬規格基準」が定められており、
この基準を上回る数値の残留農薬が製品から検出された場合、
販売が禁止されています。

 

森半では、「ガスクロマト質量分析計」で、原材料に含まれる残留農薬の測定分析を行っています。

 

その他にも、細菌検査や粒度分布測定など「安心」「安全」のため、厳密な品質保証システムを実施しています。

 

 

その抹茶の草分け森半が販売しているスイーツ。

 

これが半端なくおいしいので大人気なんです。

 

出す商品がことごとく楽天ランキングで1位をとってます。

 

 

 

 

 

みんな惹かれる商品ですね。

 

でもいっぺんに購入するのは無理があります。

 

まずは自分の舌でどんなものか試したい人におすすめしたいのがこちらです。

 

 

なぜ行列をしてまで求めようとするのかがわかるはずですよ。

 

 

購入者は・・・・・・

 

 

・抹茶が好きなので有名な抹茶店の森半の営業所が千駄ヶ谷からすぐのところにあると知り訪問。

 

千駄ヶ谷の駅を出てずっとまっすぐ行くと道沿いにあり、すぐにわかりました。

 

入ると右側にはセール品があり
かなりお安くなっているのでお買い得です。
ついつい何点か購入(^^;;

 

それからショーケースにある
生クリーム大福とどら焼きを購入しました。
持ち歩き時間最大2時間とのことなのでそれ以上の場合は保冷バッグを持っていけばいいかなと。
そんなこと考えずに行った私は他の用事のついでということもあり1日中持ち歩きましたが…

 

【生クリーム大福】
しっかりとした硬めのお餅でした。
伸びるお餅ではなく歯ごたえのあるプチっと切れてしまうお餅でちょっとがっかり。
中にはあんこと抹茶クリームが入っていて抹茶の味がしっかりとしました。

 

 

【どら焼き】
生地の食感、甘さ加減がちょうどよく美味しいです。中の抹茶クリームは大福のものより抹茶味が強くなく、甘みもあるように感じました。

 

 

 

 

・抹茶を売る会社だけあって、お茶の味は◎

 

千駄ヶ谷駅近くに抹茶販売の営業所があり、
営業所の出位置口近くで取り扱いの商品を販売しています。
営業所なので、土日は休みです。

 

抹茶クリーム大福とほうじ茶クリーム大福(各税込174円)を購入しました。
冷凍での販売なので、すぐには食べることができません。
翌朝食べようと思っていたので、保冷剤で持ち歩き、一晩冷蔵庫に保管して実食です。

 

餅は、なんというかざらついた表面になっていて、かため。
雪見だいふくの方が餅の出来は格段に上です。
餅の伸びも歯切れもいまいちでした。
解凍に失敗したのか、もともとこういうものなのか。
いや、でも、おいしさを再現できるようにつくってほしい。
そこまで含めての「おいしさ」ですから。
中は漉し餡と、抹茶/ほうじ茶入りの生クリーム。
お茶のクリームは、どちらもお茶の香りがしっかりして、さすがお茶を売る会社!という感じです。
餡は抹茶を邪魔しない上品な餡。
お茶のクリームがとてもおいしいだけに、餅のクオリティの低さがもったいないと感じられた生クリーム大福でした。

 

 

 

 

・今宵は夏も近づく八十八夜なので、抹茶スイーツなどいかがでしょう。

 

今夜は雑節の一つ『八十八夜』です。
春から夏へ移る節として、夏支度にちょうど
良い日とされてきました。

 

さっき、居酒屋の前を通ったら、
『今夜は八十八夜なので玉露ハイ半額!』
とあったので、それならば今夜のレビュは
『森半』といきましょう。

 

茶処の京都は宇治でお茶を作ってる店で、
店先で売られているのはもちろん、私は結構、
飲食店で出される抹茶で『森半』見かけるコト
多いです。
一番最近だと、閉店しちゃいましたが、
『家族亭 渋谷東急プラザ店』でいただいた記憶。

 

その森半ですが、東京に営業所があったらしく、
現在鋭意取壊中の国立競技場脇を抜けていく時、
たまたま見つけました。
あら、しかもしっかり食べログに登録あります。

 

見た感じ、店というよりはしっかりした
会社構えのショールームといった雰囲気なので、
普通に歩いてたら軽くスルーしてしまいそう。
私は森半が好きと言うコトもあり気付きました。

 

ただ、近づくと店内に暖簾は出てるし、
茶器が飾ってあるしなので、完全な直売所と
いうほどの特別感はありません。

 

地元の方々なのかな? 結構お客さんはいて、
直売所ならではのお安いセットやら、
御菓子やらを買っていかれる姿はありました。

 

それでは、私もお買いもの。
この日は『抹茶大福』『抹茶バームクーヘン』
『スティック粉末茶(3種類パック)』買いました。

 

値段控えられなかったけど、確かにお安くは
なっていて、お値段もですが、多分、ココだけで
売ってる?お買い得セットが買いかもしれません。

 

『抹茶大福』は冷凍状態で販売してくれて、
家に着く頃が食べ頃になっていました。
餅、餡子も美味しいけれど、中から出てきた
抹茶クリームがトローン。ココが肝ですね。

 

抹茶バームクーヘン、スティック粉末茶も
流石の森半。お茶の味が濃くって満足します。

 

今回は時間なくって、あまり見られなかったんで、
再訪かねがね品揃え等をゆっくり見てきまーす。

 

それでは、ごちそうさまでした!

 

 

 

 

抹茶スイーツ購入はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓