香ばしくて美味しい伝統爽快なた豆茶

香ばしくて美味しいなた豆茶

香ばしくて美味しいなた豆茶

 

 

 

これなんだかおわかりになりますか?

 

その姿がまるで刀のようであることから名付けられた不思議な豆「なたまめ」なんです。

 

江戸時代初頭に大陸より伝搬され、江戸時代中期には南九州を中心に広く栽培をされていました。

 

健康食材として親しまれ、愛用されていたなたまめ(刀豆)ですが、最近の研究により発見されたなたまめ特有のアミノ酸「カナバニン」。

 

古くから愛用され続けてきた秘密はこの「カナバニン」にあるのではないかと注目が集まっています。

 

 

みつばちロードでは、日本国内を探し歩きこだわりの国産なたまめ(刀豆)の確保に成功しました。

 

農家さんが丹精込めて作り上げたなたまめ(刀豆)は大ぶりのサヤに大きな豆がギッシリと詰まった驚くほどの逸品。

 

最大で70cmにも成長するなたまめ(刀豆)の特徴は何と言っても生命力の強さにあります。

 

土壌のミネラル分をたっぷり吸い上げ、蔓を伸ばし上へ上へと成長し、まだ実を付けるのかという時期にまで花芽を絶やすことなく付け続けるのです。

 

 

なたまめ(刀豆)。

 

体にいいとわかっていても続けるのは至難の業です。

 

そこで、伝統爽快なたまめ茶は、毎日無理なく続けられるようになたまめ(刀豆)を独自の方法で焙煎し、お茶に仕上げました。

 

 

国産なた豆茶

 

 

手軽にご利用いただけるように伝統爽快なたまめ茶では、使いやすいティーバックに仕上げました。

 

飲みたいときにすぐに飲めるので安心です。

 

 

もちろん、お茶として飲むので美味しくないと本末転倒ですよね。

 

伝統爽快なたまめ茶は、なたまめ(刀豆)を考慮しながら一番おいしいと思える独自配合に辿り着きました。

 

さらに検査機関でも検査済みですので安心してお飲みいただけます。

 

もちろん、カロリーはゼロです♪

 

 

伝統爽快なたまめ茶は、ホットもアイスも可能ですので
暑い季節には冷やして、寒い季節には急須に入れてお楽しみいただけます。

 

 

 

☆愛用者の声

 

・みつばちロードさんがなたまめ茶を新発売ということで、さっそく試してみました。

 

毎日の鼻のムズムズが軽減できればと思い、毎朝の日課でローヤルゼリーと一緒に飲んでみました。

 

まず、感じたのが朝起きたときに必ずしていたクシャミをしていないということ。

 

そして、無意識のときにいつも口を開けていたのですが、口を閉じていた自分にビックリしました。

 

 

 

・美味しい♪なんとも言えない芳しい香りがたまらないですね。

 

なたまめでお腹のなかからスッキリした感じです。

 

美容効果はすぐにはないと思いますので、気長に続けていければいいかなあと思います(笑)。

 

もっとキレイになれたら嬉しいなあ♪

 

 

 

☆伝統爽快なたまめ茶の利用方法

 

 

【お手軽に】マグカップにティーバックを1袋を入れ、熱湯約200ccを注ぎ、約3〜5分間置いた後、ティーバックを取り出してからお飲みください。

 

 

【じっくり煮出して】ヤカンで煮出す場合は、沸騰させた約500〜800ccのお湯の中にティーバック1袋を入れ、弱火で約5〜10分間に出してください。

 

 

【冷やしてさっぱり】アイスの場合は一度ヤカンで、沸騰させた沸騰させた約500〜800ccのお湯の中にティーバック1袋を入れ、
弱火で約5〜10分間に出した後、お好みの容器に移して冷蔵庫で1時間ほど冷やしてからお飲みください。

 

 

 

 

 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▼まずはお試しセットから!京都産の赤なた豆に国産ごぼう茶と国産黒豆茶、90種類の発酵酵素を配合!

 

▼美味しく飲めるよう焙煎しました。

 



 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓