サーフィン・スノボブランドならクイックシルバー

サーフィン・スノボブランドならクイックシルバー

サーフィン・スノボブランドならクイックシルバー

 

 

いまさらという感じもしますが、クイックシルバーはサーフィン・スノボブランド
として実績があります。

 

 


ロゴマークは葛飾北斎の富士山と波(富嶽三十六景 神奈川沖浪裏)をモチーフにしたものなんですよ。

 

 

サーフィンおよびスノーボードブランドのQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト

 

 

クイックシルバーは、カリフォルニア州のハンチントンビーチに本拠地があるサーフィンおよびスノーボードブランド。

 

ボードショーツはクイックシルバーの出発点であり、帰する場所である。

 

1969年、オーストラリアのトーキーにてアラン・グリーンとジョン・ローによってクイックシルバーのボードショーツ(サーフィン用のショートパンツ)が生み出された。

 

ボードショーツカンパニーとして、自分たちのサーフィンに対するアイディア、ノウハウ、そして哲学を基に、
高品質かつ斬新なアートワークスタイルの商品を生産。

 

クイックシルバーのボードショーツのうわさは、世界中をトリップするサーファーによって瞬く間に広まった。

 

その後、アメリカ、ヨーロッパ、アジアと販売網が世界中に広まるとともに、そのデザインをスノーウエアや、アパレルにも取り入れ業界に衝撃を与えた。

 

今ではアクションスポーツのリーディングカンパニーとして、その地位を確立するまでに至った。

 

サーフィンという海のカルチャーとアパレルという陸のカルチャーを、高機能と斬新なアートワークで結びつけたクイックシルバーのボードショーツ。

 

これこそがブランドの象徴であり、全てを語るものである。

 

 

サーフィンに対するノウハウと哲学を基に、高品質かつ斬新なスタイルのボードショーツを生産。

 

その優れたボードショーツは、瞬く間に世界中のサーファーへと広がった。

 

1986年、スノーウェアマーケットにも参入。

 

地味なデザインが多かったスノーウェアに、ネオンや、原色を使ったボードショーツの柄を取り入れたことが業界に衝撃を与え一躍注目を浴びる。

 

1980年中期にはスケートチームを結成し、チームライダーにクリスチャン・ホソイを迎えサーフカンパニーで初めてスケートブランドとしての一面を持ちストリートウェアも展開。

 

クイックシルバーは、世界トップクラスのサーフ、スノー、スケートのアスリートサポートと、最高のウェアとギアを提供している。

 

パフォーマンス性とファッション性を兼ね備えたボードショーツ創りから始まったクイックシルバースピリットは色褪せることなく引き継がれ、今も尚進化を続けている。

 

クイックシルバーのメンズコレクションは、オリジナルのスタイルと革新的なデザインを提供している。

 

水陸両用の“アンフィビアンショートパンツ” 、軽量で着心地のストリートトランクスや、ボードショーツと幅広いラインナップ。

 

メンズTシャツコレクションでは、スーパーソフトジャージ、フェザーライトニット、多様な機能を揃えている。

 

メンズジャケット、スウェットやパーカーは、クラシックからモダンなデザインを融合させた、オールシーズンのアイテムを取り揃えている。